住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅登録基準
 1 床面積が省令で定める規模以上
  各戸の床面積が、25u以上
  共用部分に台所、収納設備又は浴室若しくはシャワー室が備わる場合、18u以上

 2 構造及び設備が省令で定める基準に適合
  明白な建築基準法違反及び消防法違反がないこと
  耐震性能を有すること
  台所、水洗便所、洗面設備及び浴室を備えたものであること
  共同居住型賃貸住宅
    ・床面積 次の式の数値以上  15A+10(ただしA≧2)
    ・専用部分の床面積9u以上
    ・共同部分に、居間、食堂、台所、便所、洗面設備、浴室又はシャワー室、洗濯室又は洗濯場  
    ・便所、洗面設備及び浴室若しくはシャワー室が5人に1か所以上あること

 3 受け入れ範囲が不当に制限しないもの
  収入、年齢等について、入居を受け入れる者の範囲をきわめて限定的にしないこと

 4 家賃その他賃貸の条件が省令に定める基準に適合
  家賃が近傍同種の賃貸住宅の額と均衡を失しないこと

 5 その他基本方針に照らして適切なもの
  基本方針及び賃貸住宅供給促進計画との整合性

 6 以下の区域にないこと
   (1)土砂災害特別警戒区域
   (2)地すべり防止区域
   (3)急傾斜地崩壊危険区域
   (4)災害危険区域
   (5)津波災害特別警戒区域