住宅性能表示制度の概要
  • 契約前に、対象となる住宅の性能について共通のものさしで相互比較できます。
  • 表示された水準の性能が引渡段階で確保されるよう、兵庫県住宅建築総合センターが設計段階及び施工・完成段階でチェックします
  • 万が一、引渡後、施工会社や販売会社との間でトラブルが発生しても、指定住宅紛争処理機関のあっせん等を活用することができます。

住宅性能表示の項目
(等級や数値 対策の有無により表示されます)

 1 構造の安定(丈夫な家)
   地震や風などで力が加わった時の建物の強さ(壊れにくさ)

 2 火災時の安全(燃えにくい家)
   火災が発生した場合の避難のしやすさや建物の燃えにくさなど

 3 劣化の軽減(長持ちする家)
   建物の劣化(木材の腐食、鉄のサビなど)のしにくさ

 4 維持管理への配慮(メンテナンスしやすい家)
   水道やガスの配管などの維持管理(点検・清掃・修繕)のしやすさ

 5 温熱環境(冬暖かく、夏涼しい家)
   断熱性・気密性等省エネルギー

 6 空気環境(きれいな空気)
   ホルムアルデヒド対策や換気

 7 光・視環境(明るい家)
   採光(開口部)による明るさ

 8 音環境(静かな家)
   騒音の遮断など

 9 高齢者等への配慮(バリアフリー対応)
   高齢者に配慮した移動のしやすさや転落、転倒などの事故防止

 10 防犯(開口部の侵入防止)
   外部からの侵入を防止するための対策

利用のポイント
居住者に適した性能を確保することが一番大切です。

表示方法の多くの場合は、等級や数値で表現され、等級は、数字が大きいほど性能が高いことを示していますが、表示項目ごとに意味するところは異なってきます。また、表示基準の対象となっていない性能(居住者のライフスタイル、工事費、地域の気候、風土、デザインや使い勝手など)も考慮して、最も居住者に適した性能の組み合わせを選択することが大切です。
住宅性能評価業務の流れ   評価料金表